DIC株式会社(旧社名:大日本インキ化学工業)様 事例

AIアドバイスで
新入社員の成長加速
マネージャーの負荷軽減

DICロゴ画像

情報システム部 
池田拓未様(マネジャー)

情報システム部 
岩切大喜様(新入社員)

DICご利用者の画像
(左から岩切様、池田様)

- 事業内容

印刷インキ、有機顔料、合成樹脂等の製造・販売

- 抱えていた課題

・マネジャー: マネジメントの効率化や業務改善が必要。日報の確認やフィードバックの提供に時間がかかり、心理的な負担が大きかった。

・新入社員: 業務効率化と言語化、文章作成能力の向上が必要であった。特に、ノーコード・ローコードツールの理解や使用、ビジネス文書の作成に苦労していた。

- 解決策

・マネジャー: AIコーチがマネージャーの代わりにアドバイス、フィードバックのプロセスを効率化し、心理的負担を軽減。

・新入社員: AIチャットを通じて、業務に関する質問やコードレビューを行い、文章の添削と改善を実施。

- 得られた効果

・マネジャー: 日報に対するフィードバックが効率的になり、リフレクコ(AIコーチ)の迅速な反応により、心理的な余裕が生まれた。

・新入社員: ノーコード・ローコードツールの使用が効率的になり、文章作成能力が向上。さらに、業務の進め方がスムーズになり、りふこのアドバイスを受けて異なる視点や客観的な考え方を学んだ。

マネジャーとしての経験から、このサービスを利用して効率化や業務改善がどのように実現されたか教えてください。
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 池田様
統一のプラットフォーム・スレッドに各自からの日報が上がってくるため、内容を確認するまでのステップが少なく楽に感じるし、フィードバック(FB)時もスレッドに書き込めばいいだけなのでとてもストレスフリーです。
内容を確認するまでのステップが少なくなり、どのような効果が得られましたか?
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 池田様
日報に対して大枠のFBはリフレクコ(AI)と振り返り成長指標で実施できるので、業務の本質についてのFBに注力できるので効率的です。
AIによるフィードバックにより、マネジャーがより業務の本質にフォーカスした価値の高いアドバイスに集中できているのですね。これにより、マネジャーの専門知識や経験が最大限に活かされる場が設けられ、部下や新入社員の具体的な成長に直結するフィードバックが可能になります。他にはどのような効果がございましたか?
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 池田様
リフレクコ(AI)がすぐにリアクションをしてくれるため、すぐに返信しなくてもよいという心の余裕ができ、心理的負荷が低くなります。
池田様、ありがとうございました。続いて岩切様、このサービスを利用して効率化や業務改善がどのように実現されたか教えてください。
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 岩切様
AIチャットでノーコード・ローコードツールのコードレビューや機能に対する質問をすることで、開発が効率的に進み理解も深まりました。 ノーコード・ローコードツールのコードを自動生成してくれるだけではなく、説明などもあるのでネットで検索するより早く学習ができ、開発が効率的に進みました。
AIチャット機能を活用いただいているようですね!リフレクトにはAIチェット機能も存在し、GPT-4もそのまま利用することが可能です。また、1000を超えるプロンプトも用意されており、「AIに何を聞いたらいいか、どのように聞けばいいのかわからない...」というAI初心者でも気軽に利用できるようになっています。日報の記入を通じて気づいたことなどはありますか?
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 岩切様
ネクストアクションが明確化され、業務の進め方がスムーズになりました。 りふこのアドバイスを受け、別視点・客観的な考えを持つことができ、業務を進めるうえでの手段の選択肢が増えました。
フィードバックを有効に活用するには、岩切様のような開かれた心と建設的な批評を受け入れる姿勢が重要です。受け入れる側がフィードバックを正しく理解し、それを自身の成長や業務改善に結びつけるための行動に移すことが、フィードバックの真の価値を引き出します。 他にはどのような変化がございましたか?
インタビューアーの画像 質問
回答者の画像 岩切様
文章の言い回しや文法的な添削をしてくれるため、文章作成能力向上の一助になりました。 グループで共有されることで、見やすいように書こうという意識ができ、相手に伝わりやすい文章構成、言語化ができるようになりました。
今日のビジネス環境では、対面だけでなくテキストベースのコミュニケーションの機会が増加しており、日々の業務遂行において中心的な役割を果たしています。 テキストでのコミュニケーション能力を高めることは、チーム内での効果的な情報共有を促し、結果としてプロジェクトの進捗を加速させることに貢献します。
DIC株式会社の皆様ありがとうございました。
インタビューアーの画像 質問